ミュージシャンとして成功したくてバンド活動をしていた20代前半の頃、とある大きなイベント出演のためにどうしてもお金が必要でしたが、アルバイトのお金だけでは足りなく、仕方なく母親からお金を借りました。

20万程度です。今は真面目に働いて完済したのですが、今思えば、参加費を高額に集めてイベントを開催したものの、デビューなどの話もなく終わってしまい、その後あっけなくバンドも解散してしまい、今は普通の社会人として生活しています。

夢ばかりを追うことだけに夢中になり、現実から目を背けた結果が、母親を喜ばせることもできないまま終わってしまいました。

今となっては笑い話になりますが、何も言わずにお金を貸してくれた母親には感謝しかありません。

こんな娘のことをここまで自由に育ててくれ、見守ってくれて、こんなに幸せなことはありません。夢は見るものではなく、叶えるもので、叶えるためには自分で働いたお金で叶えるようにしなければ、何も返ってこないし、実現することもできないんだと思い知らされました。

これからは家族のために一生懸命働いて、本当の意味での親孝行をして、母親の喜ぶ顔を今度こそは見たいと思います。