私は数年間に渡り、クレジットカードのショッピングとキャッシングを使って、借金が60万円前後まで行ってしまったことがありました。

当時は正社員だったので払えるものと思っていたら、その矢先に会社を辞めることとなってしまい、結果として借金だけが手元に残ることになりました。

会社を辞めた私はアルバイトなどをして少しずつ借金を返していたものの、そのうち、段々と生活が厳しくなってしまい、ついに親に借金のことを正直に話すことにしたのです。

もちろん親からは怒られました。私は元来、借金をするようなタイプではなかったので余計に驚いたようです。

親は怒りと驚きが同居した気持ちになりながらも、なんと20万円を工面してくれました。そのおかげで、私の借金は40万円まで減ることとなり、そこからさらに自分で返していく算段を立て、なんとか5年以上かけて完済しました。

私がこの一件で学んだことは、クレジットカードは借りるときには簡単に借りることができますが、返すプランを本当に具体的に立てておかないと、後で非常に痛い目を見るということです。

私は一番バレたくない親にまでバレてしまいました。

よくテレビCMで言われている「ご利用は計画的に」という言葉が重くのしかかりました。